山猫図書館

       天災 

 家はしだいに水位を増してゆく海に面して建っており、そこに住む私たちは

ただ死を待つばかりだ。いずれは寒さと湿気で、みんな死んでしまう運命だ。

今となっては逃げだすこともかなわない。外に通じていた唯一の道は寒さで

ひび割れ、湿地沿いの低いあたりに海水が押し寄せてひび割れに満ち、塩の

結晶の縁飾りを残して引き、ふたたびもっと高いところまで押し寄せてきて、

とうとう道は完全に断たれてしまった。

 パイプを逆流して海水がシンクにあふれ、飲み水も塩の味がする。貝やナマコ

が庭や菜園を這いまわり、一歩あるくごとに足の下で何かがぐしゃりと潰れる。

満潮のたびに地面は水びたしになり、潮が引くと、バラの根元やライ麦畑の畝には

潮だまりができている。畑に蒔いた種はあらかた流され、わずかな残りもカラスに

食われた。

 私たちは下の階を棄て、今は二階で暮らしている。窓辺に立って眺めると、庭の

桃の木の枝を魚がちらちら出入りするのが見える。手押し車の下からウナギがそっと

顔を出す。

 

     リディア・デイヴィス、岸本佐知子訳『ほとんど記憶のない女』(白水社)

 

 

 

 

 

 

          

 

| | コメント (0)

山猫図書館

       第二七番

  私が疲れ果てて、一日旅した手足を休める為に

  寝床に入れば、その時から、

  別な旅が頭の中で始まつて、体の仕事は

  終つたのに、今度は頭が働き出す。

  そして私の考へが(君から遠く離れた場所で)、

  君がゐる所に向つて出発しようとし、

  合さり掛つてゐる瞼を引き離して、

  盲も同様に暗闇を見詰める。

  併し私の魂は虚空を眺める私の眼に

  君の姿を浮び上らせて、

  それは(真暗な夜に輝く)宝石に

  似て夜を美しくし、夜の年取つた顔を若くする。

  かうして、昼は私の手足が、夜は私の頭が、

  君と、そして又私自身の為に休むことが出来ずにゐる。

 

    吉田健一訳『シェイクスピア詩集』(平凡社)

 

 

| | コメント (0)

山猫図書館

 これらのアルバムにおけるエヴァンズの演奏は、文句なく素晴らしい。

人間の自我が(それもかなりの問題を抱えていたであろう自我が)、

才能という濾過装置を通過することによって、類まれな美しい宝石と

なってぽろぽろと地面にこぼれおちていく様を、僕らはありありと

目撃することができる。その複雑精緻な濾過装置をぴたりとスタビライ

ズ(安定化)し、またその内向性を相対化し、活性化しているのが、スコット・ラファ

ロの春のようにみずみずしく、また森のように深いベース・プレイである。その新鮮な

息吹は、僕らのまわりを囲んでいる世俗的なバリアを静かに解き、奥にある魂を震わせる。

 

      村上春樹『ポートレイト・イン・ジャズ(ビル・エヴァンズ)』(新潮社)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

山猫図書館

     緑子は一面が薄むらさきに染まった窓の外を示してわたしの目を見、それからまたすぐに窓のほうに顔をむけた。懐かしいほうへ、
  まだ見ぬほうへ広がってゆく空には、指のはらであとをつけていった
  ような雲のきれはしが散らばっていた。その隙間からはかすかな光が
  こぼれ、むらさきの、うす紅の、濃い青の濃淡を、やさしくふちどっていた。
  目をこらせば遥か上空で吹いている風がみえ、手を伸ばせば、世界を包んで
  いる膜にそっとふれることができそうだった。二度と再現することのできない
  メロディのように、空は色を映していた。
  「ほんまやな、葡萄の粒んなかおるみたい」とわたしは笑った。

 

       川上未映子「夏物語」(文學界/2019/3月号)

 

 

| | コメント (0)

山猫図書館

 島の井

 

 山羊のゐる家を過ぎて

 島の井に寄つたのはきのふ

 

 穴井の底の暗い水影から

 まだもどらないわたしを待つて

 けふが過ぎる

 

 この島では

 山羊の数だけのよろこびがあると

 教へられたが

 人のうれひについては

 だれも口にしない

 

 目覚めつついまだ夜深く

 荒浜に出でて

 なほも帰らないわたしをうたふ

 

 あすは半島のさきの

 きのふの島の井の水の行方のはて

 山羊ひとつなく漁の住まひに

 島をみなの尻のやうな甕の底をのぞきに行くだらう

 わたしといふ舫(もやひ)の先に

 すでに舟はなく

 島も見えないといふのに

 

         時里二郎『名井島』(思潮社)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

山猫図書館

 僕もいま、困惑している。これからどんな時代が訪れるのか、

たった十年後の世界がどんな場所になっているか、僕には

想像もつかないのである。

 こんな時代に、子どもにどういう教育を受けさせるべきかと、

同世代の子を持つ親に聞かれることがある。僕が思うに、

「子どもに教育を受けさせる」という発想を捨てることこそ、

まず一番にやるべきことではないだろうか。

「子どもに教育を受けさせる」というとき、どこかで自分は

「学び終わって」いる側で、子がこれから「学ぶ」時代に突入

するのだという考えが頭にあるのではないか。

しかし、制度や規範が流動化している現代において、学びが

終わるということはない。学ぶことは安定した大地の上にピラミッド

を建設することより、どちらかといえば、荒波の上でサーフボードを

操縦し続けることに似ている。絶えず重心と姿勢を調整しながら、

動き続け、考え続けないといけないのである。足場を固定し、人生の

序盤で蓄えた知識でやりくりしていくことができるほど、世界はもう

単純ではない。

 

      森田真生『数学の贈り物』(ミシマ社)

 

 

| | コメント (0)

山猫図書館

  彼の音楽はたとえて言うなら、どこからともなく予告なしに現れ、
何かすごいもの、理解しがたいパッケージをテーブルの上にひょいと
置いて、一言もなくまたふらりと姿を消してしまう「謎の男」みたいだった。
モンクを主体的に体験するのはとりもなおさず、ひとつのミステリーを
そのまま受け入れることだった。マイルスもコルトレーンもたしかに
素晴らしい。天才的なジャズ・ミュージシャンだ。そこに疑問の余地は
ない。でも彼らが真の意味で「謎の男」であったことはーーー僕の
個人的意見を言わせていただけるならーーー一度もなかった。
 
             村上春樹 編・訳『セロニアス・モンクのいた風景』
             (新潮社)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山猫図書館

 
  夏の夜明けが終わる。
あいまいなすみれ色の空気の上に、東の山の端を越えて落
ちてきた朝の光が、一瞬のうちに、垂らした絵の具のように
湖面いっぱいにひろがる。岩間や茂みの下で、小さな薄闇た
ちが丸まって、最後の吐息をもらしている。
 東風はとうにやんでいる。平らに凪いだ湖の、ぜんたいが
息を吸い、息を吐く。水の上に、音符のように跳ねる魚。音
に反応し、オクターブ急降下して潜る魚。空気を刈り取るよ
うな声でヨシキリが啼く。鳥たちの声がつぎつぎにあがり、
ふるえる銀の雲みたいに凝集し、ヨシ原上空を渡っていった
かとおもうと、湖水の上でぱっと散る。無重力の静けさがた
だよう。
      いしいしんじ『チェロ湖 (1 まっすぐな釣り針)』新潮2月号・2019
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山猫図書館

 
ラグーザの大通りを、旅行者たちは薄茶色と灰色の長い列をなして、
ぞろぞろとあるいていた。店頭で、飾り紐のついた帽子や、風に揺られる
刺繍入りのダブダブの上着を見ると、安上がりな土産物だの船上での
仮装舞踏会用の衣装だのを探しまわる旅人たちの眼が輝くのだった。
地獄としか言いようのない暑さであった。ヘルツェゴビナの禿山の連峰
が凹面鏡の役をして、太陽熱をラグーザの町に集めているのだ。フィリップ
・マイルドは、むっとするような薄暗がりに蠅がぶんぶん唸っているドイツ風
のビヤホールに入っていった。この店のテラスはおかしなことにアドリア海に
面している。街の真中の、全く思いもよらぬ場所に海が姿を見せている
のだが、ちらりと垣間見られるその藍色は、市の立つ広場の雑多な色合いに
もう一つの色を付け加えるにすぎない。積みあげた魚のあらから悪臭が
立ちのぼり、それをやりきれないほど真白なかもめが片づけていく。沖からは
そよとの風も吹いてこない。フイッリプと同じ船室の相客である技師ジュール・
ブートランは、遠目には海に浮ぶ巨大なオレンジとも見える火の色をした
パラソルの蔭で、まるいテーブルに席を占め、一杯やっているところだった。
     マルグリット・ユルスナール(多田智満子訳)『東方綺談』
                                 白水社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山猫図書館

 君が若さを失はずにゐるうちは、
 私は鏡を見ても自分が年取つてゐることを認めない。
 併し君の額に皺が現れたりすれば、
 君は死が早く来て私を片付けてくれることを望む。
 何故なら、君を包んでゐる君の美しさは
 私の心の晴れ着でしかないからで、
 君の胸に私の心が住み、私の胸の中に君の心が住んでゐるなら、
 どうして君よりも私が年取ってゐると言へるだらうか。
 それ故に君は君自身を大事にしなければならなくて、
 私も私自身の為ではなしに、君の為に自分を労り、
 優しい乳母が赤子を危険から守る気持で、
 君の心から眼を離さずにゐる。
 私の心が傷いても、君の心は無事だと思つてはならない。
 君は後で取り返す気なしに、私に君の心をくれたのだから。
 吉田健一訳『シェイクスピア詩集 第22番』(平凡社)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«山猫図書館